2017年06月01日

あほな泥棒

外国でのアホなニュースですが。
家の窓に男性がぶら下がっていて、それが話題(!)に。

その家の住人である60代の女性は買い物に出かけていたけど、
午前11時10分頃に自宅に戻ってきたところ、
2階バスルームの小さな窓に見知らぬ男がぶら下がっているのを発見した。

女性はショックと恐怖ですぐに警察へ通報した。
犯人は小窓から侵入できると思ったのだろうが、
窓に頭が挟まり、体を支えるために膝を窓枠に乗せて地上から4.5メートルのところでぶら下がっていたのだ。

警察と消防隊が到着したが、この間抜けな空き巣犯をまずはしっかりと写真に収めた後で救助活動が行われたという。
犯人は耳を怪我したものの、20分後無事に救出されたそうです。
あほでしょーーーーー!?

その写真を見ましたが、危険なはずの泥棒だけど、おかしくておかしくて笑ってしまいましたわ。
その家の住人だったら笑っていられないでしょうけど。。。

2017年05月01日

タレントの整形

タレントさんなどの整形は、言うのはタブーとされていたのですけど、最近は公表してるみたいですね。
いいことだと思う。
ただし、一般人がこぞって真似しないようにしてほしいなと思います。

ブログやテレビ番組などで自ら整形告白したタレントをあげれば、
FUJIWARAの藤本敏史が鼻にヒアルロン酸注射、眉毛をタトゥー、ホクロ除去など、
2700のツネは80万円かけて二重まぶたと歯の整形、

作家でタレントの室井佑月は豊胸手術、
同じく作家の中村うさぎは全身整形して風俗嬢となってルポを著す…など、
彼らは「整形=ネタ」系とも言えるのかな、と。

これもゴシップネタかtら拾っただけですよ・・笑

それでも整形しないで頑張る有名人。芸能人もいますか・・ね?
おそらく、というか絶対メイクで頑張っていますけど、そうやって誤魔化すところはもはや同じなのではないかなって気もします。

自然がいいのですがね、お仕事の関係もありますし、好きなようにしたらいいのでは?
ただ、一般の人が・・・あ、また繰り返しになっちゃうか。。

2017年04月01日

髪の毛をすくと

髪の毛が多いからって、美容院ですいてもらうことがあると思うんです。
あくまでも髪が多い人の話ですよ。
すくと軽くなっていいのですが、デメリットもあるのだそうです。

髪の毛をすくとクセが出やすくなるんですって。
髪の毛をいためることにもなるので、ダメージが出ます。
ぱさぱさに見えたりもしますよね、あまりすくと。
そういう人、実際います。

でも、すかないとおもーくなるし、見た目も悪いですよね、難しいところですな。
美容師さんとよく相談してやっていったらいいのかなと思います。
そういう相談に乗らない美容師なんてダメ美容師ですよー。

デメリットもありますが、うまくやってもらうには、まず相談、ですな。
いい美容師さんと巡り合うかどうかにかかっているわけです。最初は大変だけど、やるしかない。

髪の毛の悩みはつきませんなー。

2017年03月01日

医療について

医療っていってもいろんな定義があるけど、一般的な
「病気になって医者に行く」
ってことで考えてみた。

日本の医療は素晴らしいとは言われているけど、医療制度はどうなのか。
病気になって安心して医者にいく事ができるか?
お金のことなんかをまず心配しますよね?

世界に誇るMade in Japanの高品質は、
かつて電気製品、自動車等、日本の経済成長を牽引してきました。

工業製品以外にも、日本の医療は、国際的にも世界有数の優れた技術を持っていると高く評価されています。
また、先進国の中でも、日本の医療の費用対効果は大きくて、
技術的水準も高いとされており、日本の食生活・習慣や健診制度も国際的に評価されています。

という・・・イメージがあるだけ?って気も。。

医療は確かに素晴らしいけど、医者に行く側になると、不安ってあるじゃないですか。
そこを政府は考えなくてはいけないと、個人的には思うんだなー。

ここで言っててもしょうがないけど。。

2017年02月01日

乾燥バリバリ

顔の乾燥がひどくてまいっています。
あまりひどいと笑う事も出来ないですねー。

スキンケア、というけれどー。
ちゃんと化粧水つけて、オイルもそれなりのを使ってますー。

化粧水や美容液などの水分の蒸発を防ぐために
“オイル(油分)で最後に蓋をする”ことによってふっくら肌をキープする、
というのが“オイル美容”最大のメリットですけど、
あまりつけつぎるとてかてかになっちゃうし。

さらにふっくら肌を持続させてくれる方法があります。
それは洗顔後すぐ(化粧水をつける前)にオイルを少量肌に伸ばすこと。
硬くなっている肌をほぐせるので、その後の化粧水・美容液などのスキンケアの浸透率がUPするとされているーー・・・けれど、、、

それでもバリバリですー。
なんとかしてーー。
外に出たくない。困ったもんです。

早く湿気のある夏にならないかなー。
夏が大好きなんです。
乾燥も防げるし!

2017年01月02日

発達障害

よく聞く「発達障害」・・・いろいろなものがあるようで、もちろんそれもその個人によって症状もさまざまです。
知り合いの人の、お父さんがそうでした。
しかも、相当大人になってから気づいたのです。

よく考えられて家う発達障害とは、主に先天性の脳機能障害が原因となり、乳幼児期に生じる発達の遅れです。
精神障害や知能障害を伴う場合もあります。

でも、大人になるまで分からなかったそのお父さんはまた違うものらしく、
子供である知り合いも、自分の親がどうしてこういう行動をとるんだろう、って
ずっと分からなかったんですって。

なにかおかしいと思ってそれなりの医者に行って、やっと判明したらしいです。

発達障害の原因は脳機能の障害とされていますが、
なぜ脳機能障害が起こるのかということは、はっきりとしていません。

わが子の発達障害が発覚して、自分を責めてしまう母親もいますが、
しつけや育て方、環境などが原因ではありません。
本人の怠慢などでもありません。

お父さんはどうにか普通の生活(!!!)が出来るようにと相談しながらやっているようですが、
自分がそうだってもっと早く分かっていたら・・・とくやんでいるようで。

また、子供である知り合いも同じようにくやんでいるみたいです。
虐待、でもないけど、おかしな行動するお父さんを嫌っていたみたいですから。
なんだか切ないです。

2016年12月04日

看護師として…疲れた私

看護師長になるために…と必死になってきたけど、なんだかちょっと疲れちゃった。
そもそも師長になることがそんなに必要なのかな?なんて思ったりも。
もちろん、収入アップにはつながるんだけど、そのために精神的苦痛を強いられるなら
平凡なままが一番いいのかもしれない…なんてね。
平凡なままで、その中で何か自分自身でこれだけは人には負けないっていうものを持っていたらそれだけでいいのかも…。
必死になっているとその分散漫してしまう部分が必ずあるはずだしね。
私はそんなに器用じゃないから高い目標を掲げるのはやめようかな…。
それに…やっぱり女性としての幸せもほしいから。
仕事だけに専念はしたくないかなって気持ちがある。
いつか自分の子供を産んで育てて…そういった苦労をしてみたいからねっ。

2015年12月31日

師長、なるぞっ

来年は今年以上に看護師長に向けて突き進んでいきたいと思っている私。
今年一年を振り返るとまだまだがんばり方が足りないんじゃないかって思う部分が結構あったりするんだよね。
もちろん上を目指すことばかりに夢中になって患者さん中心じゃなくなってしまうなんてことがあったら大変だからその辺はしっかり頭に入れておかなきゃいけないんだけどね。
この仕事を始めた以上はやっぱり一度は看護師長という立場に立ってみたいって思うんだよね。
絶対にやらないほうがいい、責任が重過ぎるっていう人も多いんだけど私はその責任の重みっていうものを味わってみたい。
難しい、大変なことだからこそやりがいがあるってものじゃないのかなって思うんだよね。

2015年10月29日

平凡?それともトップ狙い??

いずれは看護師長の座を…と狙っている私だけど最近ちょっと頑張ることに疲れてきている感じなんだよねぇ…。
師長になってその先どうするんだ??なんて素朴な疑問が!!
上に行きたいってずっと思っていたんだけど、じゃあその先って何なんだろうって考えると本当に私がなりたいのってそこなのかなぁなんて思ったりするんだよね。
かといってこのままずっと普通のままでいいとは思わないしちょっとわかんなくなっているところです。とりあえずはこのまましばらく今まで通り目指していこうとは思っているんだけどね。
これから段々寒くなってくるからひとまずは自分の健康管理をしっかりやっていかなきゃね。
一緒に働いている看護師で体調不良で急遽休みっていう子が何人か出てるんだよねぇ…。

2015年04月15日

患者目線の上司目指して!

看護師長になりたいと思ってずっと頑張ってる私。
だけどいつの日か夢かなって看護師長になれる日ってくるのかな…。
なんだか最近そんなことをチラッと思ったりしてます。
私に足りないところがどんなところなのか、色々考えると足りないところばかりなんじゃないかって思ってしまって一度そんなことを考えると不安になることばかりが頭に思い浮かんでしまうんだよね。
人間って不思議だね。
でもこの夢は絶対に諦めたくないからとにかく日々前進していくしかない。
一体どんなところから頑張っていけばいいのかってちょっとわからなかったりするんだけどね。
とりあえずは自分に与えられたことをしっかりとやっていって患者さん目線になることを忘れずに頑張っていくしかないね。